PLAYLISTS
ニューミュージック
安全地帯
安全地帯(あんぜんちたい)は、1973年に北海道の旭川市で結成されたロックバンド。 1982年 1月24日、フジテレビ系音楽番組『夜のヒットスタジオ』に井上陽水のバックバンドとして初出演する。井上陽水の春・夏のコンサートのサポート・ミュージシャンとして参加し、秋から翌年1月までの全国ツアーのバックバンドを務めた。2月25日、シングル「萠黄色のスナップ」でデビュー。4月、キティレコード(現・ユニバーサルミュージック)と正式契約。メンバーは東京に転居して合宿生活を開始するが、大平市治が脱退する。田中裕二が再加入することで、デビュー以後の安全地帯の5人のメンバーが確立した。5月、東京・渋谷『エッグマン』でライヴ。7月、井上陽水のバックバンドとして、東京・日比谷野外音楽堂、大阪城野外音楽堂のコンサートをサポートする。 1983年 1月25日、1stアルバム『安全地帯I Remember to Remember』を発表する。その後、サントリーから発売された「赤玉パンチ」のCMソングに起用された4thシングル「ワインレッドの心」が大ヒット。一躍全国にその名が知れ渡る。 1984年 「恋の予感」、「熱視線」等の楽曲を立て続けにヒットさせる。 1985年 「悲しみにさよなら」が大ヒット。TBSの『ザ・ベストテン』、日本テレビ『ザ・トップテン』年間第1位に輝き、同年のNHK紅白歌合戦出場を果たした。また、FNS歌謡祭では史上初で唯一となる2年連続で最優秀歌唱賞を受賞した。 1986年 8月、神宮球場においては初となるコンサートを井上陽水と共に行う。12月、アナログ盤にして3枚組となるアルバム『安全地帯V』を発売。また、「ワインレッドの心」「恋の予感」「Friend」などが香港でカバーされ、それぞれヒットした。
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

ニューミュージック
その昔、邦楽にニューミュージックってジャンルがあったんです。フォークソング?そんなの古いよ、今はニューミュージックでしょ、的な感じの位置付けで。でもいま聴くとフォークより歌謡曲寄りだったのかなあ、なんて、、(遠い目。)
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

ニューミュージックの名曲たち
J-POPという言葉が生まれる以前、日本のポップスはニューミュージックと呼ばれていました。誰が初めに言い出したのかわかりませんが、自然発生したわけでもないでしょうから、きっと仕掛け人がいるのでしょうね。 で、何が「ニュー」かというと、それまでの流行歌が、プロの作詞家・作曲家が楽曲を提供してプロの歌手がうたうというスタイルをずっと守ってきたのに対し、アマチュアに近い位置にいる人が、詩や曲は自分で作るし演奏や歌も自分たちでやってしまう。音楽の世界観も非常に身近で、よりすんなりと入っていける。と、そのあたりのことを指しているのではないかと思うのですが、どうでしょう。 ま、真相はどうであれ「ニューミュージック」と称された名曲たちをお聴きください。
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

[70's]☆ニューミュージックVol.1
昭和53年、TBSザ・ベストテンが放送開始した年に初登場ランクインしたニューミュージックを集めました!この頃はまさにニューミュージックが台頭した時代ですね!
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

温故知新のニュー・ミュージック
まだ「J-POP」という言葉が登場する前のこと。1970年半ばから80年代前半にかけて「ニュー・ミュージック」と呼ばれたジャンルからヒット曲がたくさん生まれました。カヴァー&セルフカヴァーを含めて、温故知新のオススメ・ニュー・ミュージックをセレクトしてみました。
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

70's COVER 心の旅に出るあなたに贈る言葉
フォーク、歌謡曲、ニューミュージック。70年代の曲に現代的センスというフィルターを通すことによって、よりいっそう歌詞や曲の良さが浮かび上がります。「心の旅」を歌う東京60WATTSは、いいバンドだな。
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

パパを泣かせる曲達〜PartⅤ
何でこんなにもストレートに届いてくるのか。浜田省吾、佐野元春、チューリップ、シャ乱Q、ゴダイゴ、杉山清貴&オメガトライブ、オフコース、玉置浩二。珠玉の名曲達。ヤバいです!
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

グループで日本を歓喜の嵐にした70年代の楽曲
昭和の歌謡界に異変が生じたのが60年代。世界を興奮させたビートルズ、そしてフォークソング。日本のもちろんその良さを取り入れました。グループサウンズという懐かしい言葉がありますが、それからいろいろな音楽スタイルに合わせたグループが数々のヒットを生み出しました。コーヒーを手に代表曲を聴いてみましょうか。
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

スナック以外で歌うと嫌われる絶叫系カラオケソング♪
カラオケで実は歌いたくて仕方がないんだけど、会社の飲み会だとヒンシュクなので、後でひとりコッソリとスナックで絶叫するオヤジのカラオケソングをまとめてみました〜(≧∇≦)あなたの定番ソングもあるのでは?www
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

福岡系、決定版。
福岡もまた、音楽文化の発展に多くの足跡のあるエリア。チェッカーズ、チャゲ&飛鳥、井上陽水、徳永英明、クリスタルキング…共通する息吹を確かに感じるがよくわからない。それは照和の系譜であり、めんたいロックの遺伝子、RKBの土壌なのか(意味不明)。 20151021 甲斐バンド、レパートリー増加につき有名曲とチェンジ。チェッカーズ入荷確認につき一部ラインナップ変更。
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

安奈、そしてロザーナ。オトンのカセットテープにあったなこんな曲たち。
オンタイムではないのだけれど音楽の初期衝動はこんなメレディー。
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

大人になってから聴き直したい昭和のJ-POP
松山千春/山本コータロー/薬師丸ひろ子/泉谷しげる/佐野元春
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

お揃いの名字ください。
結婚がしたい女の聴く歌だ、くらえ。
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

青春パート2
シンガーソングライター木根尚登の礎を築いてくれた、僕の青春時代を彩った楽曲たち。2015年のソロ活動“REBOOT”に至るまでの僕のRootsです。 なんで“2”かは聞かないでっ!
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

照和 1
博多の伝説のライブハウス「照和」出身、 関連アーティスト。 甲斐バンド / THE MODS / TULIP / 長渕 剛 / A.R.B. / TH eROCKERS / 海援隊 / 井上陽水
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

頑張ってるなぁ〜70年代J-POP vol.1
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

巷で聴こえていた流行歌 壱之巻
げんお坊っちゃまこの秋失恋ハットトリック。  えっ、あのげんお坊っちゃまが?
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00

小椋佳作品集
荻野目洋子から岩崎宏美に変更しました。最初は誰にも聴いていただけませんでしたがジワジワと増えてきました。こういうのって凄く嬉しい。荻野目洋子から岩崎宏美への変更で一気に倍に(〇o〇;)やっぱりコッチの方が知名度ありますかね。荻野目ちゃんもなかなかだと思うので興味が湧いたら聴いてみてくださいね(^-^)/
ジャケットをクリックすると
曲を再生できます

0:00

0:00